アパート経営を成功させるには│失敗事例を参考にしよう

つみき

家賃保証会社の仕組み

借主にも貸主にもメリットがある家賃保証会社の家賃保証ですが、導入の際には問題点が出てくることもあります。どういったメリットやデメリットがあるのか確認した上で、検討するようにしましょう。

集合住宅

管理会社を利用する

副業でマンション経営を営んでいる人は、多くの場合マンション管理会社に少なからずマンション経営業務を委託しています。委託できる管理業務も豊富なので、検討する際は入居者管理以外にもどういったサービスがあるか確認しておきましょう。

失敗談を参考に対策する

アパート

アパート経営で成功する上で大切な事は、まずは失敗をしないことです。インターネットなどで過去の失敗した事例などを確認したりしながら、対策を考えておくこともアパート経営を成功させる大切なコツです。その中でもよく失敗例として事例をあげられるのが、不動産会社の意見を聞かずに自身の判断だけで即決してしまったという事例です。賃貸物件というのは不変のものではなく、築年数から家賃の変更などをしたり、勿論人も移り変わっていったりと常に流動的なものです。専門的な知識に頼らず即決してしまうと、結果としてうまく入居者がつかなくなってしまうといった事が少なくはありません。また、他の事例としては、大きなショッピングモールが出来る予定地の近くにマンションを先買いした結果、ショッピングモールができて数年は入居者がついていたが、ショッピングモールが廃れるにつれて入居者も減っていってしまったといった話などもあります。そういった事態を避けるためにも、しっかりと不動産会社の意見を参考にしながら、そのノウハウを吸収していけるようにしましょう。最終的に決断するのは自分となってしまいますが、専門家の情報力や判断力を相談していく上で吸収していくことができるようになれば、失敗する確率という物は格段に下げる事が出来ます。どういった理由でこの建物を勧めてくるのかなどや、どういった基準で安定した顧客がつくかを聞いてみることが成功につながる大切な一歩となります。