アパート経営を成功させるには│失敗事例を参考にしよう

管理会社を利用する

集合住宅

不動産投資を行っている方には、副業としてマンションを購入している人も多くいます。いざ賃貸物件としてマンションを購入して入居者が入っても、仕事をしながら自分の物件を管理するということはとても大変です。多くの場合は、マンション管理会社に委託契約をすることになるでしょう。マンション管理会社に管理委託料を支払うことで、基本的な入居者管理の他にも浴室の水濡れや住人間のトラブル以外に対応してくれます。また、契約内容によっては空室保障や滞納保障、集金代行も含まれたりする契約があります。契約にも色々種類があるため、代行したいものを相談しながら、自身にあった契約をすることがマンションを経営していく上で大切になります。管理委託料はマンション管理会社にどれだけ委託するかにもよりますが、一般的には賃料の5~20%程度を毎月支払うことになります。基本的にマンション経営を行う際は毎月の家賃収入を見込んで賃貸業を営むことになることも多いため、空室保障などを利用される方もマンション経営をしている人には多いです。空室保障は入居者がもし見つからず空室の状態が続く場合、マンション管理会社が空室分の家賃を保障してくれるというシステムになります。このシステムを利用することで、通常時の賃料よりは安くなってしまいますが、幾分安定した収入を得る事ができるようになります。こうした空室保障などのサービスは入居者管理とセットになっていることも少なくはありませんので、契約の際はどういった代行サービスがあるかということを確認しながら契約をするようにしましょう。