アパート経営を成功させるには│失敗事例を参考にしよう

家賃保証会社の仕組み

つみき

昨今は高齢化社会と言われていて、賃貸マンションなどを借りる人にも身寄りのない高齢者などが少なくありません。こうした身寄りのない人でも賃貸契約を結べるよう、第三者が連帯保証人となるサービスがあります。これを家賃保証会社といいます。この家賃保証会社が連帯保証人になってくれることにより、身寄りのない人以外にも親族などに連帯保証人を頼みづらい人や、外国人滞在者なども賃貸物件を借りやすくなります。この家賃保証会社には貸主側もメリットがあり、借主が家賃の滞納などがあった場合にはこの家賃保証会社が借主の代わりに立替えて支払いをしてくれます。そのため、家賃の滞納リスクを大きく軽減することができ、また自身で滞納された家賃を回収しにして回る必要などがなくなります。こうして自身で回収に回らず家賃保証会社に代行して家賃を回収してもらうことによって、借主と貸主のトラブルを大きく軽減することができます。しかしながら、この家賃保証会社もボランティアではありません。保証料の費用普段は借主となるため、借主の負担が増えてしまいます。また、滞納家賃にも上限金額があるため、一定以上の滞納については対応してもらえない場合もあります。そのため、本当に酷い滞納が起きた際には貸主自身で対応をする必要がでてきます。こういった事態にならないために貸主ができることとしては、滞納額が少ないうちに借主に話を聞いて、相手の事情を確認することが大切になります。家賃が高いといったような問題になるのであれば、他の家賃が安い物件に移ってもらう話をすることなどで、トラブルが大きくなる前に解決するようにしていきましょう。